スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PSO2αテストレポート
PSO2のαテストに参加してました。
文章のみ守秘義務が解除されたので、
SSや動画はありませんがαテストのレポートを書いてみようと思います。
αテストに参加できなかったという方や、全職プレイできなかったという方の参考になれば。

ちなみにレンジャーをLv20、ハンターとフォースをLv18まで育てたので、
その上での感想になります。

言いたいこと全部書いたらどうかしてるテキスト量になっちゃったので、相当暇な人向け。
ざっくり評価だけ知りたい人は一番下の総評だけ読んで下しあ。





■全体のゲーム性■
初代PSOやPSUと比べ、ガードやステップ等が導入されたお陰でアクション性が格段に上がっている。
その為、それらからの移行はすんなりとは行かないと思われる。
とは言え、ドラゴンネストやC9のようなアクションMOと比べれば操作はゆったりで、
あくまで「RPG」の枠を出ない形に調整されている。
PSPo2をプレイできる人であれば恐らく問題は無いだろう。

逆に、ドラゴンネストやC9のようなハイスピードアクションを期待する人には、
全体的にモッサリした印象を与えるかもしれない。




■システム■
特筆すべきは今作より導入された「マルチパーティエリアシステム」(以下MPA)。
これはミッションマップの一部が「半MMO」の空間になっていて、
一つのマップに最大12人まで侵入する事が出来、共闘が可能になるというもの。
その際のマッチングは自動で行われる。

これが実に良く出来ていて、MOでありながらMMOの楽しさを味わえる。
後述するが、横殴りにメリットしか生じないシステムな為、
むしろMMOよりもずっと気軽に見ず知らずの人との交流、共闘ができる。

また、PSUには無かった「フリーフィールド」が実装。
これは通常のミッションと異なり、
特にクリア条件は無いが、Mobリポップありのフィールドで延々狩りができるというもの。
クリア報酬が無い代わりに、経験値アップのBuffがランダムで発生する。
勿論ここにもMPAは用意されているので、
ミッション周回に飽きたらフリーフィールドに篭るといったプレイも可能。


PTシステムは、PTの人数によって経験値が分散しない上に、
今回は手付け(一発だけ敵に攻撃を入れる事)をしなくても、
Mob撃破時に一定の範囲内にいれば経験値が入るように変更された。
更にドロップもPSPo2方式(各自個別にドロップが出る。見えてるドロップは全部自分のもの。)
に変更された為、PTを組む事によるデメリットが一切無い。
先程述べたMPAにおいてもこの仕様のお陰で、
勝手にどんどん別PTに混ざってOKという仕様になっている。

ただ、それはつまりソロプレイにメリットが無いという事でもあり、
全体的にPTプレイ推奨なのが見て取れる。
とは言え、ソロでもMPAに行って共闘すれば良いだけの話なので、
狩りをするのに一々PTを募集して…といったような煩わしさは全く無い。

完全な「寄生プレイ」が出来てしまうのはちょっと問題か。
幸いαテストでそのようなプレイヤーには遭わなかったが。


戦闘システムは、PSPo2で導入されたチェインシステムが廃止された。
まああれは個人的に戦法が制限されただけだったので、これは良い判断に思える。

シリーズ初のジャンプアクションが実装。
これに伴い、マップも高低差に富んだものとなっている。
また、一部のMobはジャンプで背中に乗る事で弱点を攻撃できたりもする。

新たに「オリジナルコンボ」システムが実装。
これは平たく言うとPAを組み合わせて3段までのコンボが可能になるというものだが、
通常攻撃を挟むといきなりPA2段目から出たりしてややこしい。
例えばPA1→PA2→PA3とコンボを登録したとすると、
通常1段目→PA2→PA3、通常1段目→通常2段目→PA3、となる。
個人的にはどこで出してもPA1から出るようになる設定が欲しいところ。

また、今作では回復アイテムにモーションが追加された。
この為、これまでのような「メイト食べながらゴリ押し」は出来なくなった。
メイト類はどれも2~3秒程度の硬直があるので、回復のタイミングがかなり重要に。
何故かスターアトマイザーは隙が少ない。

それ以外は大体PSPo2を踏襲しているが、職による立ち回りの変化がより顕著になった。
詳しくは後述の職業レポートで。




■UI■
ゲームパッドでもキーボード+マウスでも操作できるようにしたら、
そのどちらでも操作しにくくなってしまいました。という感じ。
早い話が使いにくい。
目的の操作に辿り着くまでに無駄な操作が多く、
直感的には全く操作できないインターフェイスなので、多くの人はここで躓く。
他のプレイヤーにも概ね不評なので、ここは最も改善が求められている箇所だろう。




■操作性■
今まではゲームパッドでのプレイを前提として作られていたが、
今作ではキーボード+マウスでも問題無くプレイできるよう改善された。
ゲームパッドではプレイしていない為コメントは控えるが、
キーボード+マウスでの操作感は概ね良好だった。

特に、今作より導入された「TPSモード」のお陰で、
射撃武器はFPSやTPSに近い感覚でプレイできる。
勿論、これまでのPSUライクな操作も可能。

現在はキーコンフィグが未実装なので融通は利かないが、
これが実装されればキーボードの操作性は特に問題無いだろう。
UIの操作性を除いては。




■職業レポート■
Lv20キャップでは職業間のバランスに関しては何とも言えないので、
各職業をプレイしてみての感想になる。


【ハンター】
今のところ唯一ガード及びジャストガードが可能な職。
スタンス系のスキルを使う事で防御特化、攻撃特化を切り替えられる。
(防御特化では防御↑攻撃↓、攻撃特化はその逆。)
火力が高く硬い為戦闘では花形。
しかし基本敵に張り付く形になるので被弾回数も最も多い。

PTで目立ちたい人にオススメ。
ガードスタンスを使えば火力は下がるが俺KATEEEE状態になるので無双可能。
その為、操作に自信が無くても何とかなる。

が、突き詰めていくと適宜スタンスを切り替えながら、
ジャストガードやステップを駆使して縦横無尽に戦う事になるので、
最終的にアクション性は一番高い。
慣れてくるとソード持って某ゴッ○イーター的な動きが出来たり出来なかったり。


【レンジャー】
TPS視点との相性が最高。
敵の弱点(大抵は頭)を狙い打つ事で高い火力を発揮する。
逆に言うと、弱点を撃たないとビックリするほど低火力なので、
通常視点でロックオンして撃ってるだけでは能力を発揮できない。

ウィークバレットという弱化スキルが強力で、
このスキルで敵にマーカーをつけると、
マーカーをつけた部位へのダメージが一定時間最大3倍程度にアップする。
トラップも使えるが、こちらは現状完全に空気。

全体的に動きに隙が無く、被弾回数は最も少ない。
TPS視点による精密射撃が必修事項となる為、
上手い人とそうでない人で天と地ほどの差が出る。
パッドでTPS視点はやりにくそうなのでキーボード+マウス推奨か。

PTでは地味さ故見た感じは空気。
だが上手い人が使えば縁の下の力持ちとして大活躍する。
特にボス戦では上手いRaが一人いるだけで殲滅速度が飛躍的に上がる。
下手な人が使うと本当にただの空気。


【フォース】
立ち込める大器晩成臭。
テクは基本チャージして撃たないと威力がゴミなので手数が少ない。
一撃の威力こそ高いが、秒間ダメージにおいてハンターを越えれない。
(TPS視点の攻撃テクで弱点を狙い撃てる相手なら越える場合もある。)
但し、フォトンフレアというスキルで30秒間だけ超火力になれる。(クール2分)
また、PSUで廃止された「ロッドによる殴り」が復活した。

今回は回復アイテムが使いづらくなったお陰でレスタが神テクに。
と思いきや、こちらも自分の周囲に持続回復地帯を生成するスキルに変更されてしまって
チャージ前提仕様も相まってやっぱりちょっと微妙。

ハンターが前衛でレンジャーが後衛ならフォースは中衛。
基本中距離からチャージテクで攻撃し、必要があれば前衛にレスタをしに行き、
PPが切れたらロッドで殴るという戦法になる。
PSUのようなテクの連射は不可能。
その為、「魔法使い」というよりは「魔法戦士」のイメージに近い。
PSUで言うならウォーテクターか。

PTでは何でも屋的な位置付け。
必要に応じて後方火力にもなれるし、支援キャラにもなれるし、意外と殴りも行ける。
今のところ打撃、射撃、法撃を全て使えるのはフォースだけ。




■武器レポート■

【ガンスラッシュ】
PSZより参戦。全職で使える。
セイバーとハンドガンの特徴を持った武器。
モードチェンジにより近接武器としても射撃武器としても使える。
どちらのモードでも動きに癖が無く使いやすいが、特別強いという場面も無い。
強いて言えば、射撃モードで空中エンライテーケン→通常連打で浮く雑魚をハメれる。


【ソード】
ハンター専用。威力が高く範囲もそこそこで、隙もそこまで大きくない為使いやすい。
ステップアタックを取得したハンターでステップ攻撃を連続で出すと、
通常移動やステップ移動よりも更に高速で移動が出来る。
PAの威力倍率が低いのが難点。


【ワイヤードランス】
今作より登場の新武器カテゴリ。ハンター専用。
隙は大きいが広範囲を同時に攻撃でき、敵を投げるようなPAが特徴的。
武器の特性としてはPSUのウィップに近い。
武器自体の攻撃力は低いが、通常攻撃が多段ヒットし、
更にPA倍率が高い(アザーサイクロンに至っては脅威の600%↑)為、
総合的に見て火力は高い。

雑魚の群れには圧倒的な強さを見せるが、
反面動作にいちいち隙があるので、被弾回数は増える。
ガードスタンス+アザーサイクロンで初心者でもお手軽無双。


【アサルトライフル】
今作より登場の新武器カテゴリ。レンジャー専用。
通常攻撃は3点バーストで、照準はややぶれる。
今作から射撃武器も通常攻撃でPPを消費しない(というか回復する)ようになったので、
通常攻撃でヘッドショットを繰り返すだけでも強いが、PAが更に強い。

特にグレネードシェルは広範囲にダメージ+ダウンが取れるので、
通常でPPを回復しながらグレネードを撒くだけて大抵の雑魚は倒せる。


【ロッド】
フォース専用。お馴染みの法撃武器だが、今作では殴れるようになった。
殴りはフォースでもそこそこダメージが出る上、範囲もそこそこで隙も少ない為、
実は結構強かったりする。
個人的にはロッド用の打撃PAも欲しいところ。





■■■ 総評、というか感想 ■■■
まだαなのにも関わらず、現段階でかなりの良ゲーに仕上がっていると思います。
私が特に気に入ったのは、MPAとTPS視点。
MPAはMOとMMOの良いとこ取りをしたような素晴らしいシステムだと思うし、
TPS視点による操作も、正直予想を上回る出来でした。

特に私の場合、MMOは狩場で赤の他人が邪魔になってしまったり、
インスタンスダンジョンがあっても大抵どっかがアレなのが嫌で、
MOは結局ひたすら周回ゲーになってしまうのが不満だったので、
PSO2のMPAは正に私が長年求めてきた神のシステムにすら思えました。

MPAも部屋によっては全員無言で勝手に狩りしてるだけだったりするのですが、
部屋によってはレベルが上がった時に見ず知らずの人が「おめでとー」と行ってくれたり、
MPAにボスが沸いて「XX地点にドラゴン出現」と言ったら
8人くらい集まってきて即席PTで共闘して、そのノリでそのまま徒党で狩りをしたりと、
何だか古き良き時代のMMOをプレイしてるみたいで凄く楽しかったです。


UIを始め細かい不満点も色々とあるにはありますが、
この土台が育っていく事を考えるとどうやっても期待せずにはいられない。

多分、これまでMMOでは横殴りと他人の狩場を取らない事に気をつけ、
MOでは野良PTに行きたいけどなんか怖いと思っていた人(つまり私)にとって、
PSO2は神ゲーになるんじゃないでしょうか。


次のテストも楽しみです。いつになるかは分かりませんが。
個人的には初代PSO発売日の12月21日にOBTなりサービスインなり
何らかのアクションがあるだろうと踏んでるんだけど果たして…。








え?C9?
PSO2やったらどうでもよくなっちゃった…\(^o^)/
ウィッチさん来たら多分やるお。





管理者にだけ表示を許可する


※スパムコメント防止の為、「http://」を禁止ワードに設定しています。
 アドレスを記述する場合は、これを省いてご記入下さい。





トラックバック
TB*URL





Copyright © Excalibur Syndrome / エクスカリバーシンドローム. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。