スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C9: ジンエレスキル考察
ジン型エレメンタリストによる、ジン型エレメンタリストの為のスキル考察。
実際に全てのスキルをLv1以上取得し、使用した上での寸評です。
まだ全体的に検証が不十分な上、評価は全て私の主観になりますので、
あくまで参考程度に留めておいて下さい。
全て鵜呑みにして失敗しても知りません。

特に、筆者はPvPに関して乱入戦がメインでアリーナは触る程度なので、
PvP周りの批評についてはかなりアバウトです。

永久暫定版。必要に応じて随時加筆、修正していきます。




【優先度の目安】
★★★★★:ほぼM振り必須
★★★★☆:SPに余裕があればM振り推奨
★★★☆☆:好みに応じてM振りも良いが、基本少し振れば十分
★★☆☆☆:1振りで十分、場合により切っても問題ない
★☆☆☆☆:基本的に不要


■ アクションスキル ■

icespear.gif アイススピアー
 優先度:★★★★☆

即時発動でモーションも速く、ジン発動中だと発生が更に早くなる。
射程は短めだが貫通してダメージを与えられる。
但し、上下のエイミングができず水平にしか発射できない為、
斜面等高低差のある環境では物理的に当たらない事が多い。
反面、フルヒットさせればトップクラスのDPS(秒間ダメージ)を発揮する。
スキルLvを上げるとスピアが大きくなるので多少は高低差にも対応できるようになる。

発動中も方向転換可能なので、
あえて照準を左右に振って前方の広い範囲に撒き散らす事もできる。

PvE、PvP共に有用。
主力として使うならLv10~15程度は欲しい。
勿論SPに余裕があればM振りで。


 エレックスイング
 優先度:★★☆☆☆


発生が非常に早く、隙も少ない近接範囲攻撃スキル。
更に相手のガードを貫通してダメージを与えられる。

棒術スキルのイメージがあるが、ジン発動中でも使用可能。
しかし、杖じゃなく手で薙ぎ払う為範囲がかなり狭くなる。
その代わり、隙はより小さくなる。
追撃スキルもあるが、そちらはシェード専用なので注意。

また、スキル説明にはスキルLvを上げるごとに範囲が広くなるとあるが、
ジン発動中だとスキルLvによる範囲増加が適用されてない可能性あり。
元の範囲が狭くなるので範囲増加が分かりにくくなってるだけかもしれないが。

PvEでは不要。PvPでは1あると便利だが、使わない人は全く使わないのでお好みで。


 ダークエモーション
 優先度:★★★★★

ジン発動時に使うと自分を中心に雷を落とし、
周囲の敵をバウンドさせる攻撃に変化する。
発生も早く、発動時にスーパーアーマーがある為、攻めにも守りにも重宝する。
ダウン中の相手も拾ってバウンドさせるので何かと便利。
しかしLv1だと範囲が頼りないので、使うなら高Lvで。
スキルLvを上げるとクールタイムも減少する為、PvE、PvP共にM振り推奨。


icespear.gif ファイアーボール
 優先度:★★★★☆

詠唱時間は並で攻撃範囲もソコソコ、威力も高めと癖の無い遠距離攻撃スキル。
しかし何と言ってもこのスキルの長所は驚異的なDoT(持続ダメージ)にある。
毎秒Lv*40のダメージが計10回入るため、総ダメージはかなりなものになる。
しかもそれがクールタイム7秒(PvPでは10秒)で撃てるので恐ろしい。
ダウン状態の相手にも当たる。

PvEならば文句無しで★5つレベルだが、
PvPでは肝心のDoTの持続時間が1/4になってしまうので★4つとした。
PvEメインならM振り推奨。PvPメインなら0orM。
1振りは微妙。振るなら最低でも10以上推奨。


 ソウルチェーサー
 優先度:★★★☆☆

ターゲットした相手をゆっくりとホーミングする弾を放つ。
発動時に相手に照準を合わせてないとホーミングしないので注意。
攻撃範囲が無いので主にボス戦とPvPで使うことになる。
特にPvPで有効なスキルで、このスキル自体は弾速が遅く避けるのは容易だが、
これを撃ってから別の攻撃を重ねる事で効果的に攻める事ができる。

牽制目的での使用が主なので基本Lv1あれば十分だが、
Lvを上げれば威力にも結構期待できるようになるので、
SPに余裕さえあればM振りも視野に入れていい。
特に、対人楽しみたいけど操作が苦手という人はM振りオススメ。


 イリュージョンフレイム
 優先度:★★★★★

詠唱が短く高威力、自分の前方広範囲を攻撃できる。
ジン発動中は元々短い詠唱時間が更に短縮される。
(詠唱速度38.2の状態で、0.16秒の詠唱短縮が確認できた。)

スキル説明にはダウン中の相手を攻撃すると追加ダメージ的な事が書かれているが、
これの効果は確認できず。検証ではどう当てても2HITだった。
威力、範囲を考えてM振り推奨。


 ライトニングボルト
 優先度:★★★☆☆

指定した地点を中心に、広範囲に雷を落とす。
ジン型エレの主力だが、厳密に言うとこれじゃなく追撃のギガボルトが主力となる。
このスキル自体はLvを上げても威力とDoTが上がるのみで範囲等は増えない。
そしてジン型エレの場合ギガボルトが主なダメージソースとなるので、
必須スキルではあるが、他スキルの前提にあたるLv5振ればとりあえず十分。

しかし、Lvあたりの威力上昇率は良く、ギガボルトをM振りした上でこちらも振れば、
更なる超火力スキルへと変貌を遂げるので、M振りする価値も十分にある。
特にPvPにおいてはギガボルトより威力減少率が低いので、より威力が活きる。

ネックとなるのは何と言っても長い詠唱と、詠唱完了から攻撃発生までのラグ。
PvEでは文句無しに最強格のスキルだが、PvPで当てるのは難しい。
スキルや装備で詠唱速度を極限まで早める事で真価を発揮する。
PvE、PvP共にLv5~M推奨。SPと相談。


 ファントムウォール
 優先度:★★☆☆☆

自分の前方にバリアを設置する。
このバリアは遠距離攻撃のみ防ぐことができる。
PvEではほぼ不要。PvPでは特に対レンジャー戦においてあると便利だが、
逆に言うとそれ以外には大して効果が無いように思える。
M振りする価値は恐らく無い。

また、発生時に地味に攻撃判定があり、当てた相手を一瞬硬直させる。
そこからチェーンエッジ等に連携可能だが、
かなり密着しないと当たらないため、まあ当てる前に潰されるだろう。

PvEメインなら0、PvPメインなら0or1推奨。


 マナサークルジン
 優先度:★★★★☆

言うまでも無いが、「ジン型エレメンタリスト」を目指すなら必須。
しかし必ずしもM振りする必要はなく、とりあえず1あればいい。
M振りすればそれなりに火力の底上げになるので、その辺りはSPと相談。
他の必要スキルに必要分振り切って、余ったSPがあればこれに振るのがベターか。
Lv1~M推奨。


 エクシードフレア
 優先度:★★★★☆

イリュージョンフレイムに似た攻撃範囲を持つ前方範囲攻撃スキル。
横の範囲に強く即時発動高火力、当たった敵を吹き飛ばしてダウンさせる。
最大で3HITするので火力は高いが、ダウンしている相手には当たらない。
使い勝手はイリュージョン、火力はエクシードに軍配か。
できれば両方Mにしたいが、SPが足りない場合はイリュージョン優先の方が良い。
PvE、PvP共にLv1orM振り推奨。


 メテオ
 優先度:★★★☆☆

エレメンタリストを代表する大魔法。
威力、範囲は非常に優秀だが詠唱が長めで、
しかも詠唱完了から発動までに長いラグがあるので当てにくい。
PvEでは然程問題無いが、PvP、特にタイマンではほぼ当たらないと思っていい。
集団戦ならば、どさくさに紛れて撃つと意外と当たってくれたりする。

基本3HITだが、HIT時に高く浮く相手や当たり所によって3HITしない事がある。

ジンエレの場合ギガボルトが強すぎて陰りが出るが、それでも範囲火力として優秀。
ギガボルトとのコンボでマスターランクの雑魚すら瞬殺する様は圧巻。

バグか仕様かは分からないが、魔法陣が発生した瞬間に照準を素早くずらすと、
魔法陣の発生地点と実際の攻撃発生地点をずらす事ができる。
PvPにおいてはかなり有効なテクニック。

PvEメインならLv1orメテオクリエーター前提の9orM振り推奨。
特に、PTプレイがメインなら気軽に使っていけるのでM振りをオススメしたい。
PvPメインなら0or1。但し集団戦メインなら上げてもいい。
追撃スキルのメテオクリエーターに関しては現在バグがあるので注意。
詳細はメテオクリエーターの項目を参照。


 サラマンダー
 優先度:★☆☆☆☆

わんわんおが最大3匹走っていく。
射程が非常に長く、斜面等にも沿って進み貫通してダメージを与える。
当たった敵はダウンする。ダウン状態の敵にも当たる。
詠唱完了から攻撃判定発生までに間があり、その割りに威力もパッとしない。
近距離で撃って3HITさせる手もあるが、そもそも近接火力なら他にいくらでもある。

あればそれなりには使えるので死にスキルと言うと語弊があるが、
使えるSPには限りがある為、最終的に消去法で死ぬスキル。

PvE、PvP共にスルー推奨だが、
どうしても取りたいなら3匹召喚が可能になるLv8以上必須。
ちなみにスキルLv8まで上げる為にはキャラLvが46必要。
その頃には他のスキルが出揃っている為、余計に微妙臭が漂っている。


 アイスポール
 優先度:★★★☆☆

サラマンダーと同じく詠唱完了から攻撃判定発生までが長い。
しかもジン発動中は、詠唱完了から攻撃判定発生までが更に0.3秒長くなる。

その為攻撃スキルとしては扱いにくいが、このスキルの目的はあくまで「凍結」。
凍結率は100%じゃないし、凍結自体も3秒程度で解けてしまうが、
それでも一度凍結させてしまえばそこからコンボに繋げられる為強い。
問題はやはり当たりにくさだろう。

また、スキル発動後に妙な硬直があるので、
コンボに繋げるならガードでモーションキャンセルしてやるといい。

ちなみに、Lv1とLv7で比較検証を行ってみたが、
スキルLvを上げても凍結時間は特に延びないようだ。
凍結率は多少上がった感触があったが、いずれも100%にはならなかった。

図体の大きな相手に密着状態から当てると超多段HITする為
相手によってはかなり優秀な火力になるが、
その相手は限られている上、どの道そういう相手はギガボルトで事足りるので、
それだけを目当てに振るのはオススメできない。

使うならLv1orM。あればそれなりに使うが無くてもほとんど困らない。


 ボールライトニング
 優先度:★★★★☆

非常に遅い速度で前進する雷球を発生させる。
ジン発動中に使うと雷球のサイズが大きくなる。
攻撃スキルというよりは設置スキルに近い使用感。
PvEでは敵の群れや体の大きなボスに当てる事で連続HITが狙えるので優秀。
PvPではコンボに組み込む他に、本体の隠れ蓑や、相手の進路を制限するのに使う。
雷球に隠れるようにして動くと対近接用のちょっとしたバリアに。

PvE、PvP共にLv1はほぼ必須。それ以上はSPと相談。
Lvを上げれば雷球のサイズが大きくなるので、より利便性が上がる。
反面、威力は大して伸びないので、火力として使うには相手と状況を選ぶ。


 サークルライトニング
 優先度:★★☆☆☆

本来は自分の周囲に9本の雷を落とすスキルなのだが、
ジン発動中はサークルの名前をガン無視して自分の前方直線に9本の雷を落とす。
雷は1本ずつ別々に攻撃判定があり、ダウン中の相手にもヒットする。

詠唱は短めだが、詠唱開始から完了まで方向転換が出来ない為、
激しく動く相手には当てにくい。
しかも当てたところで火力が劣化ギガボルトなのが辛いところ。
手数の一つとしてLv1はあるといいが、M振りする価値は低めか。

体の大きな敵には複数の雷がヒットするので強い。


 グレーシャー
 優先度:★★★☆☆

召喚魔法。イフリートと共存できない。
耐久力は低いが、遠距離スキルが強力。
特にPvPにおいては、遠距離攻撃モードにしておけばかなり役に立つ。
持続時間>クールタイムなので、死ななければ常時呼んでおける。

しかしLv1ではすぐ死んでしまう為、マトモに運用するならM振りは必須。
イフリートの方はLv1でも役に立つため、取得に悩むスキル。
0orMの二択だが、これにM振りするならシェード型のが良い気がしなくもない。

基本的に、呼んだら遠距離攻撃モードに変更し、援護射撃させる為のユニット。
デコイとしてはイフリートの方が数段優秀。

一応1振りでもPvPでのちょっとした嫌がらせ程度にはなるか。
火力的にはLv1でも十分なので、召喚無視するタイプの人になら有効。


 イフリート
 優先度:★★★☆☆

召喚魔法。グレーシャーと共存できない。
グレーシャーと比べ、Lv1から高耐久で火力もそこそこ。
更にダウン中の相手にも攻撃を当ててくれるので、連携がしやすい。
反面、遠距離攻撃ができない、クールタイム>持続時間なので常時召喚できない、
体が大きいので視界の邪魔になる等の欠点がある。

特にPvPでは役に立つより邪魔になる事の方が多い気さえする事もあるが、
そういう時は大抵相手にとっても邪魔になっているので、
結果として結構良い仕事をしてくれる。

今のレベルキャップならLv1で十分有用なので、1振りするなら断然こちらだが、
M振りする場合グレーシャーと好みが分かれる。
両方M振りするのは召喚特化エレでもない限り非現実的。
個人的には、M振りするならグレーシャー。
グレーシャーをM振りする場合でも、1だけ取っておくと便利。


 シアペ
 優先度:★☆☆☆☆

召喚魔法だが攻撃行動は取らず、
周囲にMP自動回復+知恵アップのBuffを発生させる。
グレーシャー、イフリート、デリルと共存可能。

MP回復は微々たる物、知恵アップはLv1で20。
ただのBuffなら良かったが、本体がすぐに死ぬのであまり使えない。
PvE、PvP共に取る必要性は薄い。

M振り時の知恵上昇量によっては多少評価が上がるが、
性質上、どうしても空中浮遊を持つジンエレとの相性が悪い。


 デリル
 優先度:★★☆☆☆

召喚魔法だが攻撃行動は取らず、
周囲にHP自動回復+詠唱速度アップのBuffを発生させる。
グレーシャー、イフリート、シアペと共存可能。

HP回復は微々たる物、詠唱速度アップはLv1で+15%。
詠唱速度アップが美味しいのでシアペよりは大分使えるが、
やはりすぐ死んでしまうのがネック。
取得はお好みで。詠唱速度装備が揃ってくれば
デリル無しで十分な詠唱速度を確保できるので基本不要になると思われる。


 マナプロテクト
 優先度:★★★★★

HPダメージの一部をMPで肩代わりするBuffスキル。
スキル説明が意味不明だが、固定ダメージのダメージ床で検証してみたところ、
「xxMP値yy%のMPのダメージ比率」と書かれていたら
「xx%分の被ダメージをカットできる」ということで良いらしい。
小数点以下は繰り上げられる。
yyの数値についてはよく分からなかった。

現キャップではスキルLv11まで上げる事ができ、
この状態でのダメージカット率は何と60%。

防御力の低いエレメンタリストにとって、非常に重要な防御スキル。
PvE、PvP共に有用なので是非M振りをオススメしたい。
回避に相当自信があるなら、1で止めてSPを他へ回すのもアリか。


 スピードスター
 優先度:★★★☆☆

短時間ではあるが、スキルのクールタイムを減らす事ができる優秀なBuff。
このスキル自体のクールタイムの長さと、発動時に少し硬直があるのがネック。
一気に攻められるので、PvPのタイマン等では特に有効。
PvEではボス戦や空中浮遊前にどうぞ。

戦闘目的で使うならM振り推奨。
とは言ったものの、現在のLv50キャップではLv5までしか取れないので、
取るか切るか非常に悩ましいところである。
ちなみにLv5だと、クールタイム22%減、持続34秒。
この状態だとライトニングボルトのクールが11.7秒になるのでそれなりに強力。
召喚魔法には何故か効果が適用されていない様子。

現在のキャップを考慮して★3つとしたが、
キャップが解放されれば恐らく★4つ以上の評価となるだろう。



 マナサークルシェード
 優先度:★☆☆☆☆

ジンエレには当然不要。
シェードも1だけ取ってスイッチングするという方法もあるが、
1だけ取るにもSPを16も使ってしまう為、オススメはできない。

「強さより楽しさ優先」という人ならばスイッチング構成もアリか。
その場合、マナサークル専用ではないスキルを中心に振っていくのがオススメ。






■ コマンドスキル ■

 マナピース
 優先度:★☆☆☆☆

右クリックによる攻撃。初期スキルなのでLv1は自動取得。
使い勝手は良いが、スキルLvを上げても威力がほとんど伸びず、
射程や発射段数が増えるわけでもないので、
Lvを上げる必要は無い。


 マナシューティング
 優先度:★★☆☆☆

発動が早く、相手を吹き飛ばせる為、主にPvPであると便利。
火力を求めるスキルでは無いので、Lv1あれば十分。
M振りする価値は無い。


 イベイドダッシュ
 優先度:★★★★★

切る理由が無い。取得必須。
Lv1取ればマスター。


 ダッシュアタック
 優先度:★★★☆☆

ジン発動中は左右ダッシュからは出せなくなるが、前ダッシュからは使用可能。
どうやらスキルの出始めに短い無敵時間があるようで、意外と使えるスキル。
これを起点にウィンドサークル→アイススピアーと繋げられる。
無くてもあまり困らないので取得はお好みで。Lv1でマスター。


 マナサイファー
 優先度:★★☆☆☆

アヘ顔インプのアイコンが特徴的なエレメンタリスト唯一の投げスキル。
MP吸収効果とダメージはオマケ程度なのでM振りする価値は無いが、
他に代用できるスキルが無い為、あれば何かと便利。
SPがキツければ、切ってしまってもそこまで問題は無い。
PvE、PvP共に0or1推奨。


 チェーンエッジ
 優先度:★★★☆☆

当てた相手を自分側に引き寄せる。
ここからダークエモーション、エレックスイング等に繋げられる。
何気に高火力で発生も早め、更にクールタイムも短い。
ユニークな効果と相まって"当てる事が出来れば"非常に強力なスキル。
だが、当てにくい。本当に当てにくい。
相当上手い人でなければ、そもそも当てる事自体が困難だろう。
外した場合、結構隙が大きかったりするのも頂けない。
その為、人によって評価が真っ二つに分かれる。

Lv2、Lv6、Lv10で射程距離が伸びるので、振るならこのあたりを目安に。
コンスタントに当てていける腕があるならM振りも有効。
1振りするくらいなら切るか、折角なのでLv2まで取りましょう。

ちなみにコマンドの関係上、
マナサイファーを取得しているとサイファーを誤爆しがちなので注意。


 ウィンドサークル
 優先度:★★★☆☆

ジン発動中は、左クリックによる通常攻撃がこれになる。
射程の短い真空波を発射する。2発まで連続攻撃可能。
ジャンプ中は単発しか撃てないが、真空波の射程がかなり長くなる。
ジャンプ中の真空波のみ、ダウン中の相手にもヒットする。

威力が魔法攻撃依存なので高火力。
腕の部分と真空波に別々に攻撃判定があり、
密着して当てると1発につき2HITする。
また、ガードでモーションキャンセル可能なので、
ウィンドサークル*2→一瞬だけガード→ウィンドサークル*2というコンボが可能。

ジンエレならLv1は取得必須。それ以上は好みによる。
PvEはこれだけで色々何とかなったりするのでM振りも有効だが、
PvPではジャンプウィンドサークルでの牽制が主な使用方法になるので
基本1あれば十分。


 ギガボルト
 優先度:★★★★★

ジン発動中のみライトニングボルトに追撃を発生させる。
スキルの説明には無いが、これのLvを上げると追撃の回数が増える
追撃の発生位置には多少のバラつきがあるが、
大型の相手にはほとんどの追撃がヒットする為、
ボス戦においてこれ以上のスキルは無いだろう。

ちなみに、Lv1でもLv10でも見た目上の変化は無いように思える。
しかし、攻撃回数はちゃんと増加しているのでご安心を。
追撃はLv1なら2回、Lv10なら5回発生する。
(いずれもサークルジンによる追加ダメージ分は省いている。)
追撃回数については軽く検証したのみなので正確ではないかもしれない。
また、どのLvで回数が増加するかも未検証。

ジンエレの超主力スキル。M振り必須。
これをM振りしないなら、ジンエレになった意味が無い。


 マナプレッシャー
 優先度:★★☆☆☆

チャージして発射できる遠距離貫通攻撃。3段階までチャージ可能。
フルチャージにはそこそこ時間がかかる割りに威力が大したことない。

だが、密着状態から撃つと構える際にチャージ1相当のダメージが入り、
更にチャージ中に最大8回まで小ダメージが入る。
その為、密着状態からフルヒットさせれば火力としてそこそこ優秀。
反面、遠距離攻撃として役に立つのは浮遊中くらいである。

ウィンドフライングを多用する人は手数としてとりあえず1。
それ以外の人は切っていい。
M振り優先度は限りなく低い。PvPだとサラマンダー以下。


 flyingdash.gif
ウィンドフライング / フライングダッシュ
優先度:★★★★★

恐らくジンエレの8割はこれが目当てであろう、浮遊&浮遊ダッシュスキル。
共に1でマスター。ジンエレなら何はともあれ取りましょう。



   
グラウンドベイン / スピンスマッシュ
ラッシングバイト / ベラクラッシャー

優先度:★☆☆☆☆

全て棒術スキルなのでジン発動中は使用不可。
取る必要はありません。


    
ライジングシューティング / グラウンドベノン
ダークレジェンド / ソウルレギオン / マナクリザード

優先度:★☆☆☆☆

全てシェード専用スキルなので不要。
ダークレジェンドのアイコンは巻き糞っぽくて魅力的だが不要。






■ パッシブスキル ■

 MaxHP上昇
 優先度:★★★★★

基本HPの低いエレメンタリストにとっては、特に効果が高い。
PvE、PvP共にM振り必須。


 MaxMP上昇
 優先度:★★★☆☆

PvEではポーション等で容易にMPを補充できる為切っても問題無い。
しかしポーションを使用できないアリーナにおいては有用性が一気に増す。
特にジンエレはMPの消費量が半端無い為、PvPメインならM振りもアリ。
但し、戦い方で改善される問題もあるので、振るのは慎重に。


 クリティカル上昇
 優先度:★★☆☆☆

スキルLv*1%だけクリティカル率が上昇する。
振れば火力の底上げにはなるが、優先度は低い。
恐らくはこれに振れる程SPに余裕が出ないだろう。

ちなみに、クリティカルが発生すると与ダメージが150%になる。
振る余裕さえあれば、結構強力なスキル。


 ファストキャスティング
 優先度:★★★★★

スキルLv*5%も詠唱を短縮できる。M振り必須。


 風の守護精霊
 優先度:★★★★☆

スキルLv*1%だけ移動速度を上げる。
ジン発動中は移動速度が下がるため、それを補うのに有効。
PvEでは無くてもそこまで困らないが、
PvPを考慮するなら、出来る限りM振り推奨。


 flyingdash.gifメンタルトレーニング
 優先度:★★★★★

MP回復率上昇に加え、知恵が増加、IIになると詠唱速度もアップする。
I、II共にM振り必須。


 メンタルフォーカス
 優先度:★★☆☆☆

スキルLv*1%だけ消費MPを減らし、スキルLv*5の知能を上げる。
MP管理が多少楽にはなるが、SPに余裕があるかどうか。
これよりはMaxMP上昇の方が良いだろう。
基本無視で構わないが、狩り専門の金策キャラを作るなら、
多少優先的に取得してみるのもアリか。


 メテオクリエーター
 優先度:★☆☆☆☆

メテオに追撃を発生させ、更に一定時間DoT地帯を生成する。
このスキルを取るとメテオでより高く敵が浮くようになる。
その為、軽い相手等には逆にヒット数が少なくなってしまうことも。

スキル説明には無いのだが、何故かジン発動中は効果が出ない。
バグか仕様かは分からないが、どちらにしても今は取らない方が良い。

一応、ギガボルト→ジン解除→メテオ→接近してサークルライトニングで
超範囲火力、というやり方もあるにはあるが…。


本国の動画を見る限りジン発動中でも適用されているので、
日本でも今後修正される可能性が高い。
高Lvメテオを取得する人は、念の為クリエーター分のポイントを残しておこう。

ちなみに、PvP専用マップでは型を問わず無効になるので、
PvPに特化する人はどの道取る必要は無い。









管理者にだけ表示を許可する


※スパムコメント防止の為、「http://」を禁止ワードに設定しています。
 アドレスを記述する場合は、これを省いてご記入下さい。





トラックバック
TB*URL





Copyright © Excalibur Syndrome / エクスカリバーシンドローム. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。