スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FF14の負荷を下げる方法
MMORPGの中でもトップクラスの負荷を誇るタイトル、FAINAL FANTASY XIV。
今日はそんなFF14の負荷を無理やり下げる方法をご紹介します。



※ご利用は自己責任にてお願いします。
 当記事を参考にした事により如何なる不都合に遭われましても、
 筆者は一切の責任を負いかねます。





まず利用するのは、動画撮影ソフトのDxtory
シェアウェアですが、試用版でOKです。(多分…。私は製品版使用してるのでちゃんと確認とれません。)
このソフトについてるある機能を使用します。

まずはDxtoryをダウンロードし、インストールしてください。
ソフトを起動した状態でFF14を起動すれば、自動的に認識してくれます。


100928-01.gif


次に設定画面から「アドバンス」タブをクリックし、右下の「ビデオFPS制限」にチェックを入れます。
右のボックスにはとりあえず30と入力して下さい。

これだけでOK。


すると、FF14の最大FPSが右のボックスに入力した数値でロックされます。(この場合は最大30FPS)
ボックスの数値を20にすれば最大20FPS、40にすれば最大40FPSでロックされます。
こうすることによりCPUやGPUへの負荷が下がり、発熱や消費電力の低下にも効果が現れます。


但し、効果は環境によって差が出ます。
元々クライアントの負荷自体を下げているのではなく、
FPSを強制的に制限する事によって結果的に負荷を下げているだけなので、
元々制限した以下のFPSしか出ない状況では全く効果がありません。

また、当然ですがゲームが軽くなる訳ではありません。
むしろ最大FPSを制限するのですから、見た目上重くなります。


ただ、私のように「人がいないところでは60FPS出るけど人が多いと20FPSになる」みたいな人には、
普段から30FPSに目を慣らしておくことで、重さを体感し辛くなる効果はあると思います。
60FPSから20FPSに落ちると「重っ!」と思いますが、30から20に落ちてもあまり分からないですからね。



この方法は、FF14以外にもDxtoryが使えるゲームなら同様に使えます。
Dxtory以外にもFPSを制限する機能がついたソフトはあると思いますが、
本来のSS、動画撮影機能が優秀なので個人的にオススメなソフトです。



最後に、今のところ私の方ではこれによるエラー等確認できてませんが、
基本的に公式の想定外な事をやっているに変わりはありませんので、
あくまでもご利用は自己判断、自己責任にてお願いします。
最悪外部ツール使用としての処罰もありえなくはないので。





管理者にだけ表示を許可する


※スパムコメント防止の為、「http://」を禁止ワードに設定しています。
 アドレスを記述する場合は、これを省いてご記入下さい。





トラックバック
TB*URL





Copyright © Excalibur Syndrome / エクスカリバーシンドローム. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。