スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Skyrim購入
少し気が早いかもしれないが、STEAMにてJP版Skyrimを購入。
プリロードも済ませ、あとは12月8日を待つのみに。

一応強引にアンロックすれば、英語でならもう遊べるらしいのだが、
後々不都合があったら嫌なので、逸る気持ちを抑えつつも大人しく待つ事に。


既に至る所で絶賛の嵐なので、本当に楽しみ。
オフラインゲーでここまで発売が待ち遠しいの久々だな…。

それにしても、これ程の大作RPGが、日本円にすると約4700円で買えるのだから、
こればっかりは円高万歳である。


ところで、Skyrim発売を目処にPCをグレードアップさせる予定だったんだけど、
どうも見る限り、GTX460でもVanillaの状態なら普通にヌルヌルっぽいので、
一先ずグレードアップは見送る事に。

MODが出揃う頃には次世代のGPUも出てきてるだろうし、
その辺までは今のPCに頑張ってもらおう。
って、そう言えばこのPCまだ1年も使ってなかったでござる。


さて、何はともあれ、これで今年のクリスマス&年越しはSkyrim確定だ。
スポンサーサイト


クォータービューブーム到来か?
まずは下の3枚のSSをご覧頂きたい。



111115-01.jpg


111115-02.jpg

111115-03.jpg




パッと見、同じゲームのものに見えるかもしれないが、
1枚目はDIABLO3、2枚目がLineage ETERNAL、そして3枚目がMU2のものである。
DIABLO3の発売もいよいよ目前かという今、
韓国のメーカーが相次いでDIABLO3ライクなMMORPGを発表してきた。

発売してからならまだしも、発売前にして既に似たようなタイトルが出てくるのだから、
DIABLOがオンラインRPG界に与える影響というのは計り知れない。

昨今のMMOやMORPGはフル3Dビューが当たり前という感じになっているが、
この波を受けてクォータービューのゲームが再び流行するかもしれない。
個人的にクォータービューのRPGは好物なので、この流れは歓迎したい。


CABAL2 CBT実施
韓国で遂にCABAL2のCBTが実施されたようです。


それに伴い、新しいPVも登場。
今回のPVでは、前作NPCのユアンやアリオネルらしき人物も確認できます。

また、実際のゲーム画面もようやくお目見えとなったわけですが、
グラフィックといい、UIといい、AIONにそっくりですね。
AIONが快適に動くPCがあれば、スペックに関しては問題無さそうです。


また、4Gamerの記事を見ると「キャラクタークラスは計8種類」と書かれています。
公式で紹介されているのは6種類なので、
間違いで無ければ今後新たに2つのクラスが登場するということなのでしょうか。

そうなると、廃止されたと思われていたブレーダーが復活するかもですね。




Copyright © Excalibur Syndrome / エクスカリバーシンドローム. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。